東京デザイナー学院 マンガ科 只野 風夏さん

OB&OG
photo好きな漫画が上達していくこと、軽音部でレパートリーが増えていくこと、どちらも自分で実感することができました。
私は、家から近く、自分のペースで学習ができ、好きな漫画を本格的に学べる点にひかれ、あずさ第一高等学校に入学しました。
専攻の講師の先生は、なかなか思い通り描けない私に、描き方のポイントを一つずつとても親切に教えてくれました。そのポイントをしっかり押さえて描いていくと上達していくことが自分でもわかりました。そのことは今通っている専門学校で大きく役立っています。また、私は軽音楽部を立ち上げました。楽器は全く弾けませんでしたが、2・3年次生の時の担任の先生が時には厳しく、時には優しく指導してくださいました。初心者で始めた軽音楽部も弾ける曲がドンドン増えていきました。グループ内で練習方法や選曲をめぐりトラブルになり解散しようかと思ったことが何度もありました。それを何度も乗り越えて文化祭、三年次生を送る会、新入生歓迎会など節目、節目で演奏できたことはとてもいい思い出です。

VOICE最新記事

  • すべて
  • OB&OG